CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

上田義彦に嫉妬する


いつも行く郵便局で見つけたポスターの前で釘付けになった。

郵便局、いや日本郵政グループのキャンペーンポスターなんだけど、その写真が心にしみるんだ。

8×10でネガ撮りしたであろうその写真は、暗く沈んでいながらも、その土地特有の空気感と心に直接訴えかける優しさがある。特に能登半島編は素晴らしい。

家に帰り、その写真を撮ったカメラマンを検索してみると、そこには「上田義彦」の名前が。

ああ、天才はどこへ行ってもずば抜けた仕事をするんだな。テクニックでは超えられない壁がそこにある。

彼の写真を見る度に、もはや「尊敬」とか「憧れ」を通り越して「嫉妬」という言葉しか思い浮かばない。

上田義彦に嫉妬する。
写真 / comments(4) / trackbacks(0) /
長井健司の使っていたカメラが見たい


Sankeiweb
死亡カメラマン 長井健司さんと確認

混乱しているミャンマーで日本人が撃たれたと聞いたときには、すぐにそれが報道カメラマンだろうと直感した。そんなところにいるのは、フリーのカメラマンしかいない。

我々が普段ニュース等で何気なく見ている写真の向こう側には、長井健司さんのような勇気あるカメラマンがいるんだね。そして男には、こうこういう生き方、こういう死に方もあるのです。

長井健司の使っていたカメラが見たい。

目的は違えども、同じ写真を愛する仲間としてそう思った。そのカメラには、彼の魂が宿っているはずだから。

合掌。
写真 / comments(0) / trackbacks(0) /
ビートルズを撮った1枚の写真


今では当たり前になった、日本武道館での音楽公演。一時期、外タレの公演と言えば、武道館だったよね。しかし、ミュージシャンとして初めてビートルズ講演が武道館で実現するまでには、紆余曲折があったらしい。

ビートルズ日本公演と言えば、多くのものを日本にもたらしたけれど、写真関係でいえば、浅井慎平氏が東京ヒルトンホテル(現キャピトル東急ホテル)で、メンバーの日常を撮影した写真集が有名だ。

それは彼の出世作になったほど素晴らしいものだったけれど、自分はビートルズの公認カメラマン、ロバート・ウィテイカーが撮ったこの1枚の黒白写真が一番好きだ。

4人が日の丸に向かって階段をゆっくり上がっていくように見える黒白写真は、日本という異国の地で、それも武道館という神聖な場所で、ビートルズという怪物がやや緊張しながら、それでも心躍りながらステージに向かう様子が感じ取れるじゃないか。そしてその先には、日本ファンの大歓声が聞こえるようだ。

感動を共有できること、それが写真の力なんだね。



イ・ビョンホンの武道館イベント、日の丸が白一色に。」を読んで真っ先に頭に浮かんだのが、このビートルズの写真だった。

以前、「善意の修正」と「悪意の加工」をエントリーした。

武道館の日の丸を消した写真が「善意の修正」なのか「悪意の加工」なのかは、皆さんの判断に任せするとして、1つだけ確かなことは、これを撮ったカメラマンは、ガッカリしているだろうなということ。

天井から下がっている大きな日の丸は、武道館にとって重要なアイコンだということを深く理解していて、プロカメラマンなら必ずそうするように、意図的に写し込んでいるからだ。

41年前、ロバート・ウィテイカーがそうしたように。

朝鮮日報
【おわび】イ・ビョンホン武道館イベント写真について
写真 / comments(0) / trackbacks(0) /
梅雨はスキャナ掃除の季節


CanoScan 9900Fというスキャナを使っているんだけど、ガラスの裏側が曇りやすいみたいで、ずっと気になっていた。梅雨というのもあるのか、最近では画質に影響するほどひどくなってきたので、しかたなく掃除を決意。

ところが、以前使っていたAGFAのスキャナは、ちゃんと見えるところにネジがあって、それを外せばガラスが外れて裏側も掃除できたんだけど、CanoScan 9900Fには、ガラスを外すネジが見あたらない。

ひっくり返したり、脚のゴムを外したりしたけど見つからず、諦めて外してあった上蓋を穴に差し込もうとした瞬間、チラッとネジの頭が見えた(笑)



上蓋のヒンジを差し込む穴の底に、ネジがあったんだね。その2つあるネジを外して黒いカバーを外せば、ガラスが取り出せます(もちろん、メーカーは認めていないので、分解は個人責任になるのでご注意ください)

しかし、曇りやすいというのはもちろん、スキャナにとって一番汚れやすいガラスを簡単に掃除できない設計というのは、ユーザーの利便性を考えていないんじゃないかな?

そもそもCanoScan 9900Fはトラブル続きで、最初はセンサー不良で無償交換。次はヒンジがバキッと折れて有償交換。画質は良いんだけどね。
写真 / comments(0) / trackbacks(0) /
「PHOTOする。」に中谷美紀とMacBook


中谷美紀と言えば、「Macをはじめよう」のCMに出演したことが話題になりましたが、今度は富士フイルム「PHOTOする。」のCMに出演しています。

前任者の樹木希林「PHOTO IS」編も好きでしたが、中谷美紀の「PHOTOする。」編もいいですね。

両者に共通する、自然で等身大なアーティスティック感が、その所作からにじみ出ています。

もちろん、CMで使われているパソコンはMacBookです(笑)
写真 / comments(2) / trackbacks(1) /
EPSONのデジタル暗室


ITmedia
「デジタル暗室システム」で“自分色”プリントを極める

良い企画ですね。ただ、カラーマネジメント環境の構築であれこれ悩むんなら、Macを使った方が分かりやすいと思うんだけど…

EPSONの企画なんだからしょうがないか(笑)

Appleでも、写真、ビデオ、音楽等でこういうセット販売を企画してはどうだろうか!?そうすれば、トータルで質問することも出来るしね。
写真 / comments(0) / trackbacks(0) /
香港旅情

LEICA M6 SUMICRON 35mm2

デジカメWatch
Web写真界隈-香港街道映照

中国に返還される前の香港にはよく行ったもんだ。

イギリスと中国が入り交じった街並みや文化がおもしろというのもあったけど、最大の楽しみは中古カメラ店めぐり(笑)

九龍のミラマーホテル裏には、中古カメラ店が軒を並べていて、当時そこにはLEICA M3のコピー機である中国製「紅旗」があったり、ロシア製Contax「KIEV」があったりで、ワクワクする空間だった。格安で中古のLEICA M5を買ったのも良い思い出。

あれから10年余。脚が綺麗だった林(リン)さんは、今どうしているだろうか?(おいおい、結局そっちかい)
写真 / comments(4) / trackbacks(0) /
「善意の修正」と「悪意の加工」

W. Eugene Smith

デジタルARENA
究極のダイエットは「フォトショップ」だった!?

PhotoShopを利用した人物修正は、マジシャンが手品の種を明かさないのと同じように、基本的に内緒にしておくのがルールだと思うんだけどな。とくに女性を扱った場合にはね(笑)

アナログ写真の時代には、そのテクは門外不出だったもんだ。

まあ少しだけ種明かしをすると、「losing weight with photoshop」は、ほとんどがPhotoShopの「ゆがみ」を利用した修正だね。見事な修正だけど、ただ、なぜ背景がドレープがかったバックなのか考えた方がいい。

Dove - Evolution」は「自由変形」と「ゆがみ」で、印象を変えないで顔のバランスを整えている。これぐらいは、ファッション写真では普通に使われているでしょう。

それに対して、「Greg Apodaca's Digital Portfolio」は、印刷会社で使われるレスポンス修正で肌を整えているところが大きく違うところ。これはPhotoShopでは困難だからね。

え、偉そうに言ってるけど同じことが出来るかって?

答えは Yes!いや、もっと自然に修正できるはず。例えば「losing weight with photoshop」は、肝心なところを忘れているし(内緒)

報道写真の修整は悪いこと?」でもエントリーしたけど、Eugene Smithが「スペインの村」の写真を、暗室作業の段階で手を加え、その写真に込める主張を強調したことが後で解っても、彼と写真の評価は全く下がらなかった。

写真の修整が良いか悪いかは論議の分かれるところだけど、例えばそれが女性をより美しくしたり、内容とは関係ないものを取り去ったりする「善意の修正」であればOKだと思うんだ。反対に「ベイルート空爆」のような、「悪意の加工」だと許されるべきではないと思う。

だから、前者を「修正」、後者を「加工」と呼んで、自分では分けて考えている。



しかしまあ、この空爆写真の加工はヘタすぎる。煙を増やすために、スタンプツール使ったのがミエミエだもんな(苦笑)

[追記]
こんなソフト(整形美人)もあるみたいです。
写真 / comments(2) / trackbacks(0) /
ショッピングサイト「FUJIFILM MALL」開設


デジカメWatch
ネットショップとオンラインプリントを統合

富士フイルムにしては、こじゃれた感じですね(笑)

取り立てておもしろいものも無いし品数も少ないけれど、今ならインクジェット用プリント用紙がお得みたいです。
写真 / comments(0) / trackbacks(0) /
「明治 大正 1868-1926」というサイトに息をのむ


米国Appleでアイコンを物色していたら「Meiji Taisho 1868-1926」という文字が目に飛び込んできた。

内容を見ると日本初のカメラ小西六(現KONICA MINOLTA)「チエリカメラ」のアイコンがあったので、嬉しくなってダウンロード。興味を持って作者のHPに行ってみると、おもわず息をのんだ。

そこには明治、大正時代の黒白写真や着色写真が、その美しさを競っていたのだ。

珍しいとも古くさいとも違う、やはり美しいとしか言いようがない沢山の写真を見、沢山のことを考えたけれど、想いはいつだって同じ。

長い年月が経ち、カメラは大いに進歩し、誰でも簡単に写真が撮れるようになったけれど、写真の質と価値はちっとも変わっちゃいない。
写真 / comments(0) / trackbacks(0) /
<</2/6PAGES / >>
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>