CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

OS10.4.9でイジェクトキーが長押しになった
Mac de Life
10.4.9 Eject key長押しの理由

ああやっぱり!

イジェクトキーが以前のように素早く反応しなくなったので、OS10.4.9から仕様変更されたんだろうなとなんとなく思っていたけれど、事前にAppleから発表が無かったのでちょっと心配でした(苦笑)

Appleから「サポート・ドキュメント」が発表されたようです(英文なのでまた「欧米か!」とツッコまれそうですが笑)

自分としては以前のクイックな方が良かったし、初めて押した人はすぐに反応が無いので、とまどうんじゃないかな!?
Start Mac体験モニター / comments(6) / trackbacks(1) /
「Macをはじめよう」キャンペーンは漫才なんだ


ASCII.jp
アップルさまへの「ご提案」は、これでございます。

比較広告は日本文化になじまないから「落語にしたら?」という提案なんだけど、もう一つの日本文化を忘れちゃいませんか?

狂言がその元になったと言われる「漫才」という文化を。

日本ではテレビチャンネルをひねれば、漫才師を目にしない日は無いわけで、だから「ボケ」と「ツッコミ」による二人の掛け合いは、日本人の方が馴染みやすいと思う。Appleはそこに目をつけたんじゃないかな!?

ほら、この人も「欧米か!」とツッコンでるし(笑)、今や漫才師があの藤原紀香と結婚する時代なんだ(おいおい陣内はピン芸人だろ!)

震えるほど感動する「Bob Dylanを使った広告」を創るAppleが、あえて「漫才」を広告に使った意味。逆にそのギャップが大きな反響を呼んでいるのも事実。

Appleがボケることで、みんなが一斉にツッコむ。

それはそれで、おいしいことじゃないか(笑)
Start Mac体験モニター / comments(0) / trackbacks(0) /
Mac OS X 10.4.9には新しいカメラへのRAW対応も
デジカメWatch
D40、DMC-L1、K10D、K100D、Digilux 3などのRAWに対応

D40の対応はまあまあとしても、DMC-L1、K10D、K100D等への対応が遅すぎ!このへんをもっと迅速にしなければ、ApertureやiPhotoの価値も低くなる。

なお、Apertureのバージョンは1.52のままで、バージョンが上がったわけではありません。

[追記]カメラとは直接関係ないけれど、iDiskのマウントが早くなっています。

>>Aperture: Benefits included with the Mac OS X 10.4.9 Update
Start Mac体験モニター / comments(0) / trackbacks(0) /
教育現場を変化させるにはMacだ


PCWatch
100年続いた教育現場を変化させるコンピュータ

偶然昨日エントリーした「Windows機を買いにいく」で書き忘れたことを、この記事で思い出した。

姪っ子が入る学部は「教育学部」なんだ(笑)

将来教師を目指す学生に、単一のOSパソコンを指定すること自体、視野や方向性を狭めているし、教育現場の改革が必要なら、大学生の教育から変えていかなければいけないんじゃないか?と強く思う(MacでもLinuxでもいいじゃないか!)

教師のIT知識が足りないのは今に始まったことじゃないけれど、それでも現場で困らないのは、そういう教育指針が今まで無かったからで、これからは劇的に変わるだろうね。

パソコンの操作を覚えるだけの教育から(今はここ)、それを使って知識や想像力を発展させる方向に持っていくのが今後のコンピューター教育だと思う。

そこでMacを導入する意味が出てくるわけだ(笑)

過去と同じように教えることは、子供たちの未来を奪っていることと同じである

「Think Different」
Start Mac体験モニター / comments(4) / trackbacks(0) /
Safariとカラーマネージメント
 

 

4枚の写真を見比べて欲しい。
最初の1枚(左上)以外同じに見えるなら、*Safariで見ている人。最後の1枚(右下)だけ違って見えるなら、WindowsかSafari以外のブラウザで見ている人のはずだ。

そしてMacユーザーなら、SafariとFireFoxで見比べて欲しい(ParallelsのWindowsでも可)彩度が全然違うでしょ!?

自分の意図した色と濃度を再現しているのはSafariで表示された「左上」以外の画像なんだ(分かりやすいように彩度が高い画像を使用)

実はこれICCプロファイルが全部違う。

[左上]Webで保存 [右上]Webで保存(ICCプロファイ有り)
[左下]sRGB [右下]Adobe RGB

こんな問題が起こらないように、Web用の画像は、PhotoShopの「Webで保存」(つまりプロファイル無し)か「sRGB」が推奨されているんだ。

ただここで1つ問題がある。

WindowsやFireFoxユーザーの場合、彩度が高い画像をWebにアップした時、PhotoShop上で見た時より彩度が低く感じられたことはないだろうか?

これが結構くやしい(笑)

カラーマネージメントされるSafariなら、JPEG画像にICCプロファイルが含まれているとそれを認識し反映してくれるんだけど(プロファイルが無いと他のブラウザと同じ彩度になってしまう)、Safari以外では彩度が押さえ気味になる(Webセーフ色に減色される)

だから、全部のブラウザで同じ彩度で見せたいなら「Webで保存」を選び、せめてSafariにだけでも正確な色を再現させたいなら、「Webで保存(ICCプロファイ有り)」か「sRGB」ということになるんだ。

もっと言うと、Safari以外のユーザーは、Web上では写真が持っている本来の色を正確に判断出来ないと思った方がいい(ダウンロードしてカラーマネージメントのしっかりしたPhotoShop等で見ることをオススメします)

他のブラウザでもプロファイルを認識してくれれば問題ないんだから、「トップシェアのMicrosoftは何をやっているんだ!」と思うかもしれないけれど、ブラウザで最初にカラーマネージメントを搭載したのは、Mac用のIEなんだけどね(笑)

*シイラ(推薦)やOmniWebもカラーマネージメントに対応。
Start Mac体験モニター / comments(3) / trackbacks(0) /
「Start Mac体験モニター」のページが文字化けする
確か2~3日前から「Start Mac体験モニター」のページが、Safari、Mac FireFox、Windows IE、Windows FireFox全てで文字化けしますね。

アップルの他のページは問題が無いし、ページソースを見ると、ちゃんと「Shift_JIS」を指定してあるんだけどな?

[追記]
治りました(笑)
Start Mac体験モニター / comments(0) / trackbacks(0) /
「Vista? Macをはじめよう。」の誤解


古い話になって恐縮なんだけど、あちこちのブログを読んでいると、今でもあの「誤解」が解消されていないようなので一言。

その「誤解」とはアップルから来た一通のメール。

今こそMacをはじめる絶好のチャンスです。あなたがもしWindows Vistaへのアップグレードを考えているならあなたは恐らく「新しいコンピュータ」が必要になるでしょう。それなら、Macにしませんか? セキュリティが優れていて操作が簡単で何よりも「使っていて楽しい」Mac。今お使いのプリンタやデジタルカメラといった周辺機器もそのまま使えます。アップグレードをするならこの機会にMacをはじめましょう。

ついにWin侵食開始!?「Vista? Macをはじめよう。」のエントリーで、iPod nano なの。さんも「追記」で書いているように、これは「Vista用にMacを買いませんか!?」というのでは無く、「Vistaを検討するならこのさいMacに替えましょう!」という意味でしょうね。

ましてや普通の人は「BootCamp」や「Parallels」なんか知らないだろうし。

アップルの紛らわしい文章が誤解を生むきっかけになったんだけど、それをつい早とちりして「事件」を期待してしまうのも、我々Macユーザーの悲しい(楽しい)悪癖なんだけどね(笑)
Start Mac体験モニター / comments(2) / trackbacks(1) /
「VMware Fusion for Mac」でSUSE Linuxを試す

[クリックで拡大]

VMware Fusion for Mac」での「HAIKU」のインストールはけっこう大変で、そこでめげた人は多いんじゃないかと思うんだけど、「SUSE Linux 10」なら簡単!

落としたファイルをダブルクリックで解凍したら、「KDE 3.5.5 on openSUSE 10.2.vmx」というファイルをダブルクリックすればそれで起動しちゃう。なおルートに関しちゃLinuxは厳しいから、解凍したフォルダは起動する前に、「アプリケーションフォルダ」にでも移動しておいた方がいいでしょ(なお、guest passwordは「guest」で、 root administrator passwordは「toor」です)

そして「YaST」で「Canna+etc」と「FierFox」をインストールすれば、一応日本語環境は整うけど使い勝手は良くないね。

グラフィック関係がまだまだ遅いけど、MacBookなら2本指クリックとスクロールも効くし、Windowsを使ったことがある人なら操作の迷いは無いと思う。

Windows VistaよりもGUIの趣味が良いし(笑)

ただ、どうせWindowsを模倣するなら、その元になったMacをなぜ模倣しないのか疑問だけどね。

「VMware Fusion for Mac」は簡単に使えるOSが沢山揃っているので、それまで興味があってもおっくうで手を出さなかった人にはちょうど良いかもしれない。

今のところ、Windowsを実用に使うなら「Parallels」、LinuxやUNIXを試すなら「VMware Fusion」というところかな。

>>KDE on SUSE
>>Virtual Appliance Marketplace - Operating System
Start Mac体験モニター / comments(0) / trackbacks(0) /
「VMware Fusion for Mac」でBeOSと再会

[クリックで拡大]

「VMware Fusion for Mac 1.0 Beta 2」をインストールしてみた。もう「Parallels」があるから十分なんだけど、どうしても使いたいOSがあったんだ。

それは「HAIKU

日本の「俳句」から取ったであろうその名前に敬意を表すると同時に、それの原型となった「BeOS」にどうしても再会したかったからだ。

自分はBeOSが好きだった。Macが忘れてしまったシンプルさ、かわいらしいアイコン、キビキビ動く動作に魅了された。

しかしその後、BeOSがWindowsプラットフォームに軸足を移すようになり、さらにNeXTとの戦いに破れ、姿を消していった。

久しぶりに再会したBeOSは昔のマンマだった。なんにも進化しちゃいなかった(笑)でもそのシンプルさが好きな自分としては嬉しかった。

Appleの技術担当副社長までつとめたジャン・ルイ・ガゼーがAppleを辞めて作ったBeOSは、Jobsが同じようにAppleを辞めてNeXTを作ったのと良く似た道を歩んだ。その後2人は次期Mac OSを巡って競争することになるんだけど、その話はいつかすることにして…

今はそれよりも、ガゼーが流した涙に思いをはせながら、BeOSをもう少し楽しんでみようと思う。

[追記]
HAIKUプロジェクト」にインストールの詳しい解説が記載されています(一発起動の「haiku.vmx」も配布されています)HaikuプロジェクトのKokiさん、ありがとうございます。
Start Mac体験モニター / comments(13) / trackbacks(0) /
女王様が「MacFan」に掲載!
Start Mac体験モニター」のお仲間でもあり、先日お会いしたばかりの「ビギナーB子のMac女王への道」さんが、Macファンなら誰でも知っている「MacFan」に掲載されたそうです。

おめでとうございます!いやー素晴らしい(パチパチ♪)

さすが女王様でございます!

>>Blog「ビギナーB子のMac女王への道」さんが雑誌MacFanに!(Oya_G's Blog)
>>東京オペラシティでVistaを観劇(その4)
Start Mac体験モニター / comments(2) / trackbacks(1) /
<</2/7PAGES / >>
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>