CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< 未来はRetinaディスプレイに現れる | main | iPadはカラーマネージメントに対応していない >>
Mamiya DMシステムはPENTAX 645Dの真のライバルだ


Mamiyaが中判デジカメ「Mamiya DMシステム」を、9,999ドルから発売するらしい。

現在のレートで換算すると87万円ぐらいだから、PENTAX 645Dの「真のライバル」がやっと現れたことになるね。

9,999ドルというのは、645DFと2,200万画素の「DM22」を組み合わせた価格なので画素数的には弱いけど、PENTAX 645Dの4,000万画素はオーバースペックで、RAW現像の環境的にも厳しいと感じてる向きには最適じゃないかな。

さらに、発展的にMamiya RZ67や4x5と組み合わせることを考えると、DMシリーズの方が有利だ。



気になるのは、デジタルパックがMからDMシリーズに変更されていること。

以前のMシリーズは、Phase Oneそのものだったけれど、新型はLeaf的な形になっているし、6×7cmと大きいタッチスクリーンディスプレイが印象的だ。

海外の方がMamiyaブランドのバリューが高いので、日本発売が未定なのは残念だけど、Mamiya RB67が日本では鳴かず飛ばずだったのに、北米で評価され、それが逆輸入された形で日本市場でも定着したことを考えると、しょうがないかな。

それにしても、いつものようにMamiyaの広報はやる気がないので(マミヤのHPには未だに645DFが載っていない)詳細が分からないのは惜しいな…
デジカメ / comments(0) / trackbacks(0) /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/2625
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>