CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< iPhoneはデジカメのRAWファイルを表示できる | main | SONY NEXシリーズはミラーレス機の本命だ >>
リン・チーリンとパリの恋人


「パリの恋人」というアメリカ映画がある。

本屋の店員だったオードリー・ヘップバーンが、ちょっとしたきっかけでモデルになり、カメラマンのフレッド・アステアとパリを舞台に歌い踊る、それはそれは優美なミュージカル映画だ。



自分の中では、「ローマの休日」「裏窓」と並んで、カメラマンが出てくる映画トップ3に入っている(ちなみに4位はマディソン郡の橋)

だから、昨日から始まった月九ドラマのタイトルが「月の恋人」と知って、ニヤリとした。

その予感は間違っていなかったようで、映画「レッドクリフ」で世界中の男を虜にした林志玲(リン・チーリン)が、テレビドラマでも体当たりの演技で好演している。



とても35才とは思えないほど可憐で、ちょっとした所作にも品があるのは、日本の女優が失ったもの。

もちろん、容姿は完璧。

劇中で、MacがVAIOと一緒に使用されていたのも新鮮だったね。

さて、木村拓哉はフレッド・アステアになれるだろうか?

驚いたことに、今回は一歩引いて、林志玲のまだ粗い演技をガッチリ受け止めようとしているように見える。

あのキムタクがだ!

木村拓哉を少し見直した夜だった。
写真 / comments(3) / trackbacks(0) /
コメント
林志玲は無理です。私は彼女の演技を低く評価します。

それと、日本人の中で、「敬語を使えない、片言葉しかいえない」のような人物を演じているので、またマイナスですね。

* @Baku * 2010/05/21 3:34 PM
@Bakuさんこんにちは!

しょせん日本人が描くわけですから、中国人、中国文化に対して浅い見方をしてるのは否定できませんね。軍隊式の日本語にしても、面白みはあったかもしれないけれど、もうちょっと配慮が必要だったかもしれません。

ただ、中華圏の俳優が日本のドラマや映画に出演する先駆けとして、林志玲には多いに期待していますし、彼女ならその期待に応えられると思います。

HP拝見しました。
「華少女」や「ポートフォリオ」に興味を持ったのですが見れません。どうすればいいんですか?
* kensei@デジイチ最新情報! * 2010/05/24 11:08 AM
「華少女」や「ポートフォリオ」は頑張って作っています。しばらくはご想像におまかせマスという状態ですね。

体の方、お大事に。
* @Baku * 2010/06/01 12:20 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/2618
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>