CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< iPadとデジカメは良き相棒 | main | Mac版KeyHoleTVの不具合が解消 >>
Aperture 3は勝算あり


ここまで興奮したアプリは久しぶりだし、新機能を試すたびに「おおー!」と何度叫んだことだろう。

結論から先に書くとAperture 3は使える。

いや、使えるどころか、画期的なアプリの誕生だ。

そもそもAperture 2の不満は、画質調整での仕上がりが不自然なことだった。

「明るさ」調整はLightroomと違って中間では無く全体が持ち上がる単純な方式だし、JPEGファイルでの「色温度」調整はハイエストライトにまで色が被るお粗末さだ。

それがAperture 3では、「明るさ」調整はガンマカーブが新設されたことで解消し(Lightroomより使いやすい)、JPEGデータの「色温度」調整でも、9割方改善されている(Lightroomの方がまだ有利)

まあ、ここまでならやっとLightroomに追いついたで終わるところなんだけど、なんと新たに搭載された機能が画期的なんだ。



もっとも驚いたのは「ブラシツール」

例えば「スキンスムーシングブラシ」なら、驚くほど簡単になめらかな肌を作り出してくれるし、「覆い焼きと焼き込みブラシ」は、部分的に明るさを細かく調整出来る。

「おおー!」と叫んだのは、その仕上がりの自然さだ。

ここまでナチュラルに仕上がるとは思っていなかったし、この完成度ならプロツールとしても合格だろう。

PhotoShopで同じことをやろうと思ったら、膨大な手間とテクニックが必要なこと考えると、このブラシツールだけでもAperture 3を購入する価値があると思う。

キラーアプリの登場だ。

以前「Aperture 2の逆襲」というエントリーを書いて、結果見事にLightroomに返り討ちにあったけれど、今回は違う。

むしろ、Aperture 3はLightroomを飛び越えてPhotoShopにまで戦いを挑もうとしているかのようだ。

それが、画像調整加工アプリで強大な力をもつAdobe帝国に対して、Appleがとれる唯一の戦術なのかもしれない。

そしてそれは十分に勝算ありだ。

>>Apertureの最後の戦いが始まろうとしている
デジカメアプリケーション / comments(9) / trackbacks(0) /
コメント
kenseiさん、こんにちは!この記事よんで
思わずトライアル版ダウンロードしちゃい
ましたよ。64bitのスピードを享受できる
と良いのですが。今晩早速テストしてみます。
あんまりアップルがこの分野がんばっちゃうと
フォトショップのMac版が後回しにされちゃう
(CS4の64bit化見送りとか)ので複雑です。
アップルが写真分野も多少考えてくれているの
なら純正モニターも3色LEDバックライトの
ちゃんとした奴出して欲しいですよね。
* Takahash! * 2010/02/10 8:41 PM
Takahash!さんこんにちは!

Aperture 3のブラシ使ってみると、自然な仕上がりに驚きますが、それに関してAppleは何かを「つかんだ」感じがします。Adobeがまだ持っていない何かを…

それがAperture 3の最大の長所でしょうね。

そうそう、Aperture 3は64bit対応なんですよね。ブラシの覆い焼きでたびたび落ちましたから、メモリー食いかもしれません。

PS:今月号のコマフォトも素晴らしい記事でした。もうすぐPENTAXの中判デジカメも出るようですが、Leicaには憧れます。
* kensei@デジイチ最新情報! * 2010/02/11 12:28 AM
待ってました!
価格もかなり戦略的といいうか、これはLightroomだけでなくPhotoshopElementユーザーさえもターゲットにした製品ではないかと、自分のブログにニュースを聞いた感想を書いたんですが、色温度などもずいぶん改善されたんですね。

Photoshopはあまりに多機能になりすぎて、デザイナーやDTP業界人には便利なツールではあっても、そこまでのことをしない人間には、煩雑な物になっていましたから。写真に特化して、1万9800円という価格で挑んできたAppleの姿勢は、まさにPS寡占状態への挑戦と言えそうですね。
* 土岐正造 * 2010/02/11 12:44 PM
土岐さんこんにちは!

Mac版のPhotoShopやFlashの開発の遅れによるApple軽視に対して、業を煮やしたJobsがAperture 3を作らせたんじゃないかと思うくらい力が入ってますね。

Aperture 3を使った後ではPhotoShopが古くさく感じるくらい機能が洗練されていて、Appleは何か新しい画像調整のアルゴリズムを得たようです。

やっとAppleらしい画像調整アプリが登場しましたね。
* kensei@デジイチ最新情報! * 2010/02/12 11:18 PM
「3」のアップグレード版を、発売日にインストールした物好き
です。機能が整理され、ブラシなど直感系が追加、かなり充実した
ソフトになりましたね。最大のポイントは、見落としがちですが
「安い」に尽きると思います。これだけの機能でこの価格...

それとまた引き換えに、ネガティブな面も気になります。
1.2.3と使い続けて思うのは、安定しないということ。
何度ジーニアスに行ったことか...スタッフも困っていました。

それと、機能の充実に隠れていますが、現像機能そのものが
貧弱な気がします。C1Proと比べてると、かなり弱い。
ラップトップとデスクトップを使い分けるように、
プレビューとマスターの分離管理がヌルい...などなど。
便利だけど結果が今ひとつ...でも安いし便利だから誰にでも
おすすめしたくなる...でもコレを仕事で使うのは....
管理人様は、お仕事でも使いますか?


* WongTang * 2010/02/15 10:14 AM
WongTangさんお久しぶりです。

確かにAperture 3はまだ安定していませんね。ブラシツールで何度か落ちたし、描画が乱れることも多々あります。他にも色々ありますね。安定度はLightroomの方がまだ上でしょう。

Capture Oneは素晴らしいですが、Aperture 3の現像機能に関しては、これくらいあれば自分には十分で、それよりもPhotoShopには無い先進的なツールがいくつかあるので、Lightroomと併用しようと思っています。

もちろん仕事用です^^
* kensei@デジイチ最新情報! * 2010/02/16 7:26 AM
やはり使い込むと落ちますか..アップデートに期待ですかね。

現像機能は、機能の数ではなく、デモザイクアルゴリズムや、
シャープネス機能の弱さ、解像度違いでの同時書き出し...
など、カメラマンが日常に使う機能が装備され、それがApple的な
UIであればもう、PhotoShopいらずです。

生産性に対するポリシーのちがいなのでしょうが、日々撮影を
こなし、納品したらサヨナラの、いわゆるプロカメラマンこそ、
あの強力なブラシや現場でのライトテーブルが「ツボ」なの
ですが...インポートとプレビューの管理がいまひとつな。

なので、
FinalCutみたいに、プロ用とわけてもらえると、もっとよかった
と思いました。iPhotoの延長、そう考えてみると、この価格でこの機能とUI、やっと、このソフトを使いたいからMac!
なモノが出てきましたね!やはりAppleはこうでなくっちゃ!
と、久々にワクワクしました。

* WongTang * 2010/02/16 11:03 AM
必要な機能は人それぞれで、なかなか難しいものがあるけれど、自分はPhotoShopの「ゆがみ」と「歪曲」補正がAperture 3にあれば、ほとんどの事がこれ1本でいけますね(笑)

まあ、三度目の正直と言いましょうか、やっと戦闘能力のある画像アプリがAppleから出たことが嬉しいです。

Final Cutのように、今後の展開を期待しましょう。
* kensei@デジイチ最新情報! * 2010/02/16 3:56 PM
バージョンアップしてしまいました。
前からD2Xとの相性がいいと思っていましたが、これからはApertureがメインになりそうです。

画面が乱れることは以前と変わらず。
ただ、LRが時々落ちるのに、私の場合はApertureはまだ落ちたことはありません。

画像を参照で、年度ごとのプロジェクトを作ろうと思っています。

画像の読み込みが、単一フォルダー単位でしか出来ないのが残念。他の取り込み方法あるのかな?

今週プリントしてみようと思います。
* 能登半島最先端技術者 * 2010/02/16 8:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/2607
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>