CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< デジイチ最新情報!が選ぶ2009年ベストデジカメ3 | main | あけましておめでとうございます! >>
デジイチ最新情報!が選ぶ2009年ワーストデジカメ3


1位 完成度が低い RICOH GXR

流失写真を見た時にコンセプトモデルだと思っていたカメラが、そのまま正式に発表されたのには驚いた。

機能1点張りで粗削りなデザインだったからだ。

GXRのウリは革新だ。

レンズとセンサーをユニット化し、それを交換することによって、カメラの特性を大きく変化させられるGXRのシステムは、新しいデジカメの到来を予感させた。

しかし、こういうカメラが一般に受け入れられるのはなかなか難しい。

だからこそ、まずカメラとして求心力となるボディ部分は、完成度の高いデザインであって欲しかった。

これじゃ、ただの測定器だよ。

さらにガッカリしたのは、標準セットの24-72mm相当のユニットが、1/1.7型CCDというコンデジ並のセンサーだったこと。

高価で大きいGXRに、コンデジと同じユニットは必要だったのだろうか?

むしろ、フォーサーズかハーフサイズセンサーを載せた28mm相当の単レンズか、標準ズームレンズのユニットを最初に出して、デジイチ並の高画質を訴える方がGXRの特徴をうまく伝えられたはずだ。

ボディだけじゃなくて、システム全体の完成度がまだ低いんだ。

最初の発想は尖っていたけど、製品化にいたるまでの段階で薄まり、力不足のまま発表してしまった感じがする。

Olympus E-P1の登場で、焦ったかな?

同じRICOHのGR DIGITALが成功したのは、かっこよくて、小型で、高性能単レンズ装着という、フィルム時代からコンセプトを引き継いだからだ。

大いに期待できるシステムだっただけに、煮詰め不足のまま発売されてしまったのは悔やまれる。



2位 中途半端な Canon EOS 1D Mark IV

プロ用ハーフサイズのEOS 7Dが出たことで、当然のように1D Mark IVはフルサイズになると思っていた。

デジイチ黎明期ならともかく、APS-Hサイズという今となっては中途半端なセンサーサイズは、スポーツカメラマンのように望遠レンズを振り回すユーザーには画角が1.3倍になるというメリットがあるものの、それ以外のユーザーには、APS-Hサイズ専用の広角、標準ズームレンズが無いこともあって、用途が限定される。

おまけに、フルサイズより一回り小さいセンサーを高画素化したせいで、高感度特性はライバルNikon D3Sには及ばない。

画角、高感度特性が中途半端なんだ。

仮に、1,600画素のフルサイズで、1.3倍のクロップ機能付きならば、スポーツ用途だけじゃなく、オールマイティなデジイチとして広くアピールできたと思うんだけど、どうだろう。

2年程度で陳腐化するデジカメで、高価なフラッグシップ機を何台も使えるのがごく一部なのは、プロの現場で5D Mark IIが多用されているのを見ても明らかだ。

おまけにこの世界不況…

Nikonにも言えることだけど、これ1台で全て事足りるという万能フラッグシップ機を登場させる時が来たんじゃないかな。



3位 頑張れペンタ! PENTAX K-x

多色展開が嫌いなわけじゃないし、白いモデルは自分でも欲しいくらいだ。

それじゃなぜK-xを選んだかと言うと、PENTAXでは現状で3種類しかデジイチのラインナップがないんだけど、それを多色展開で誤魔化しているように見えるからなんだ。

そういえば、一時期Mamiyaにも多色展開した中判カメラがあったよね。

HOYAによる買収のゴタゴタがあったりとPENTAXは長く不遇の時代を過ごしたけれど、中判デジカメの発売を延期したり、画質的に競争が厳しい中級機に、それほどアドバンテージがあるとは思えないサムスン製のセンサーを採用したりと、迷走を繰り返したのも停滞した一因だと思う。

日本で初めて一眼レフを発売した、名門PENTAXの灯を消して欲しくない。

唯一現状を打破出来る可能性があるのは、順調に行けば来年発売される、PENTAX 645 Digitalかもしれない。

Mamiyaは見事に蘇り、同時に多色カメラも消えたのだから。

頑張れペンタ!

総括

Nikon D3Sをベストデジカメに選んだ一方で、最大のライバルであるCanon EOS 1D Mark IVをワーストに選ぶという極端な結果になってしまった。

D3Sがほぼ万能カメラに近い存在であるのに対して、1D Mark IVは今までのユーザーを優先するあまり、用途が限定されてしまっているのが理由だ。

デジイチ黎明期は終わり、円熟期の入り口までもうすぐなのだから、オールマイティなフラッグシップ機の登場を望みたい。

よいお年を!

>> デジイチ最新情報!が選ぶ2009年ベストデジカメ3
デジカメ / comments(0) / trackbacks(0) /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/2600
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>