CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< キーワードは「革新」 | main | デジイチ最新情報!が選ぶ2009年ワーストデジカメ3 >>
デジイチ最新情報!が選ぶ2009年ベストデジカメ3


1位 孤高の存在 Nikon D3S

珍しいことに、新製品では無く改良型のD3Sが1位を獲得した。

2年前に発表された時は、その飛び抜けた高感度特性で世間をあっと言わせたD3だったけど、それをさらにブラッシュアップし、念願のごみ取り機能を付けてきた。

ボディの完成度はD3で達成されていたので、弱点をつぶし、長所を伸ばしてきたのは、プロ用カメラとして評価できる。

素晴らしい感触の精密で頑丈なボディと相まって、暗所のスポーツ、報道分野ではもう無敵だろうし、ブライダルスナップ、ステージ、天文分野等でも活躍の場が広がるだろうね。

さらに興味深いのは、1.2倍のクロップが追加されたこと。

等倍、1.2倍、1.5倍、5:4が揃ったことで使い道が広がるのはもちろん、Canon 1Dからの乗り換えにも違和感が無い。

Nikonにしては、うまい戦略だ。

残念なのは、動画機能が弱いことと、発色が渋く女性ポートレートにはキビシイことかな。

D3Xが高価のこともあって、1台で全ての仕事を賄える万能カメラが欲しいというユーザーも多いと思うので、高画素化とISO 100からの低感度特性の向上は次期D4に期待しよう。

冬季オリンピックに向けて、Nikonは準備万端だ。



2位 技術屋魂復活 Canon EOS 7D

今年のCanonは、ボディの不具合が多発したことにより批判されることが多かった。

「Canonの中級機はボディがセコイ」という批判をここでも再三繰り返してきたのは、コスト削減意識が目に余ったからだ。

そういう批判を打ち消すように現れたのが、EOS 7D。

ハーフサイズデジイチの最良モデルであるNikon D300Sに真っ向勝負出来るボディとAFを合わせ持ったEOS 7Dの発表は、まだCanonにも技術屋魂が残っていたのかと感激させられた。

良好な動作感や精密感は、所有する喜びを満たしてくれるだけではなく、やる気の向上や疲労を軽減する効果もあるはずだ。

ただ、ファインダーはまだイマイチかな。

画質的には、動画性能はNikon D300Sを大きく上回るし、1,800万画素にもかかわらず、高感度特性もそこそこいいんだけど、画素ピッチがフォーサイズ並に小さい4.3μmなので、5D Mark IIのような余裕を持った階調ではなさそうだし、なによりレンズを選びそう。

ライバルに負けじと無理をしたせいで、少しバランスが悪くなったのは残念だな。



3位 世界で戦える中判デジカメ Mamiya 645DF

OlympusのE-P1と大いに迷った。

革新的なのは間違いなくEP-1だし市場人気も上々のようだけど、今年1年はMamiyaにとって、Phase Oneとシュナイダーとの提携があって、大きな転換期だった。

そのおかげもあって、今後のMamiyaの方向性がやっと見えてきたので、その第一段である645DFを選んだんだ。

Mamiya 645DFは、デジタル専用機とすることで、歯切れの良い操作感を得られ、併せてボディの質感も向上したので、デジイチと併用しても違和感が無くなった。

同時に発売された3種の「Mシリーズデジタルバック」は、すでに定評があるPhase One製だし、付属するCapture Oneは良くできた画像補正アプリだ。

デジタル化に出遅れたMamiyaが、独自のデジタルバック開発を止め、ボディ開発に特化したのは英断だったと思う。

デジイチとは別次元の高画質を、我慢せずにデジイチ並の手軽さで使えるようになったんだから。

次は、RZデジタルの開発かな?

残念なのはボディが大幅に値上がりしたことと、視野率が94%と低いこと、AF速度がまだイマイチなこと。

それでもファインダーのキレがいいので、AFに頼らなくてもマニュアルで十分フォーカスを合わせられるのは良いね。

やっと世界で戦える中判デジカメの登場だ。

総括

キーワードは革新と言いながら、結局選んだのは改良型だったり、ボディ強化版だった。

毎年大きな画質向上が行われてきたデジイチだけど、そろそろ画質的には落ち着いてきた感があって、どのカメラを選んでも大きな不満が無いレベルにまで達している。

その分高感度特性の向上やボディの質感向上に開発の目的が移ってきたようで、それを代表するのが上記3台であったわけだけど、「革新より安定」という今年の特徴を良く表しているんじゃないかと思う。

このまま円熟期に向かうのか、さらなる革新があるのか興味は尽きないけれど、その答えはRED ONEにあると思う。

RED ONEの衝撃は来年にでも…

明日は「デジイチ最新情報!が選ぶ2009年ワーストデジカメ3」の発表です。
デジカメ / comments(0) / trackbacks(0) /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/2599
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>