CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< レンズの片ボケは異常事態 | main | AKB48「RIVER」はCanon 7Dで撮られていた >>
篠山紀信「20XX TOKYO」

アサヒカメラ2009年1月号の表紙及び巻頭16ページは篠山紀信の作品「20XX TOKYO」 近未来のTOKYOに来臨した一人の女。生きた人形のようにも異星から来たレプリカントにもみえるこの女は20XX年のTOKYOに何を見たのだろうか。

「20XX TOKYO」の一部をアサヒカメラで見たことがある。

「おお、相変わらず篠山先生は精力的だな!」というのが第一印象で、夜の都市空間にヌードを配し、自明かりで撮影するという手法もデジタル的で斬新だった。


そんなバカな!

写真の題材には色々あるけれど「ヌード写真」は古くからあるれっきとした表現手法だ。

真っ昼間の繁華街ならともかく、夜間人目を避けての撮影のはずで、たまたま見られたのなら口頭注意で十分でしょ。

なにより恐れるのは、このことで写真界、出版界が萎縮してしまうこと。

紙媒体が苦戦しているせいか、ただでさえ毒にも薬にもならない写真が氾濫する今、危険なゲリラヌード撮影を、あえてあの篠山紀信がやったということに意義があるのに。
写真 / comments(0) / trackbacks(0) /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/2594
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>