CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< iPod touchで銀メダル | main | 福原愛ミニスカで頑張れ! >>
それは「口パク」ではなくて「吹き替え」だろう


YOMIURI ONLINE
開会式「微笑みの天使」は口パク、容姿でふるいに非難続出

少女の襟元にピンマイクが付いているものの、リップシンクしていなかったので「口パク」だろうというのは気づいていた。

しかしそれは、オリンピック等の大きな大会ではよくあることで、トリノ五輪ではあのパパロッチも口パクだったほどだから、幼い少女なら当然だろう。

「口パク」というのは、声や唄が本人のものでも、それが録音だった時に使う言葉だ。

どうもマスメディアは混同しているようだが、今回問題にしているのは、「口パク」では無く「吹き替え」の方だろう。

映画「マイ・フェア・レディ」で、オードリー・ヘプバーンの歌唱部が吹き替えられたことは有名だけど、そんなことは映画では日常茶飯事だ。

だれも指摘しないが、光と連動した一糸乱れぬ太鼓の演奏も、録音だったのではないかな?!

でも、それはそれで良いと思うけどね。

オリンピックの開会式はれっきとしたショーだ。

チベット問題で途中で降りたが、ジョージ・ルーカスを起用したのもCGを駆使したかったからだろうし、実際「花火の足跡」はCGだった。

厳粛なオリンピック競技ならともかく、観客を楽しませるための開会式の演出に対して、トリックをあげつらってとやかく言うのは、野暮というものだろう。

そんなことより、1つ1つの演出がやたら長すぎて、猛暑の中長時間に渡って超一流のアスリートを待たせたことの方が問題だと思うけどね。
テレビ番組 映画 / comments(0) / trackbacks(1) /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/2393
トラックバック
北京五輪開会式は口パクか吹き替えか
ウケを狙ってこんなタイトルにしてみましたが、今回書きたいことは、「口パク」という日本語の素晴らしさについてです。
| 手の届く範囲だけでもなんとかしたい | 2008/08/22 7:27 PM |
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>