CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< RICOH GR1の後継機はSIGMA DP1 | main | 買ったばかりのMac >>
iPhoneの受け入れ体制は整った


CNET Japan
ドコモ夏野氏、退社を明言-現在の携帯電話業界をどう見る?

(iモードが使える)現在の電話を完全に捨てて、iPhoneを3カ月使えるか試してみたらいい。iPhoneのインターフェースは、確かにすごく良いけどね。

ケータイの世界において、DoCoMoとサードパーティーは、iモードで大きな利益を上げてきた。しかしそれは、リッチコンテンツにはほど遠く、狭く閉ざされた世界だ。

そして、ユーザーの負担するコストが高い。

iPhoneのすごさは、パソコンでできることが、ポケットに入る小さな端末で代替できることだ。マルチタッチや優れたインターフェースは、それを可能にするための方法や手段に過ぎない。

iPhoneは、インターフェースの良いケータイでは無いんだ。

何の意味もない「DoCoMo 2.0」や「反撃してもいいですか?」という、傲慢でユーザー無視の広告コピーは記憶に新しいが、自分はそれだけでドコモから他のキャリアに替えたいと本気で思ったぐらいだ。

それをかろうじて踏みとどまらせたのは、iPhoneがドコモから発売されるという「噂」だけだ。

最近ドコモがロゴマークを変えたのは、iPhoneやAndroidを正しく評価できる人達が主流になり、「docomo」という勝利の旗を揚げたと考えるのが分かりやすい。

さあ、受け入れ体制は整った。iPhoneの日本発売はもうすぐだ。
Apple / comments(13) / trackbacks(0) /
コメント
こんにちは、お久しぶりです。

個人的には、夏野さんの意見に賛成です。iPhoneは、思想は良いのですが、今の携帯電話に慣れきった人々にとっては、受け入れがたいものであると思うんですよ。

特に、au one blogでもブログを始めてから痛感するのですが、パソコンを持たずに携帯電話だけで生活している人が自分の想像以上に多いのです。コモディティ化の深化はパソコン以上です。

MacなりWindows PCがあること前提の現在のiPhoneのシステムでは、日本では一部のガジェットマニアには受け入れられても、それ以外の層までiPhoneに縋るとは思えないのです。これは、Windows Mobileの携帯電話でも同様のことが言えますが。

しかも、今の日本の携帯電話は、想像以上に「出来る事」が多いのです。特に、ドコモの携帯は自分のブログでも紹介していますが、コンテンツがかなり自由に作れますし、ある意味現状のiPhoneよりも「リッチ」だと考えます。

一番大きいのが、「タッチパネル」である事です。長時間操作することを考えた時に、物理的なボタンが無い事は、想像以上に障壁になると思います。iPhoneやiPod touchのマルチタッチUIは、考え方は確かに素晴らしいのですが、今の携帯電話と比べて長時間使えるかと言うと、そうじゃないと思います。

夏野さんは、恐らく、そういうことをひっくるめて「現在の電話を完全に捨てて、iPhoneを3カ月使えるか試してみたらいい。iPhoneのインターフェースは、確かにすごく良いけどね。」と言ってるんでしょう。

ドコモも、iPhoneを出すのは「手のひらに、未来をのせて。」のキャッチコピーを具現化するためのいち手段としか考えていないのかもしれません。現状で、「携帯電話で出来る事」を追求すると、ドコモ択一なのはiPhoneが無い現状でも間違い無いですから。
* せう * 2008/04/22 11:28 AM
せうさんおひさしぶりです!

携帯電話から進化したケータイやスマートフォンと、パソコンから発展したiPhoneやAndroidは、全く違うものだと考えています。ケータイとパソコンの「ミッシングリンク」を埋めるのが、iPhoneだと。だから、すぐにiPhoneがケータイに取って代わるとは思っていません。

iPodの普及を考えるとパソコンとの連携も心配していないし、難解なケータイを使える日本人なら、ディスプレイキーボードも楽々使いこなすでしょう。

ケータイが進化し機能が肥大化するにつれ、キャリヤやメーカーは出口の見えないジレンマに陥っていると思っています。そして自分のようなケータイユーザーも。

中島聡氏のブログ「life is beautiful」の「図解、イノベーションのジレンマ」で次のように書いています。
http://satoshi.blogs.com/life/2005/11/post_2.html

「あるテクノロジーがユーザーの要望を聞きながら進化していくうちに、(声がでかいパワーユーザーの声ばかり聞こえてくるために)その要求を通りこして必要もなく肥大化してしまうことを示している。そうしているうちに、赤い線で示したdisruptive technology (破壊的テクノロジー)と呼ばれる、機能的には遥かに劣るが、格段に小さかったり安かったりするテクノロジーが現れ、市場を奪ってしまう、というセオリーである。」

それにいち早く気づいたのが、docomoではないでしょうか。

偶然ですが、このエントリーを書く前に、せうさんのブログを読み返しました。予感があったのかもしれませんね(笑)
* kensei@デジイチ最新情報! * 2008/04/22 2:02 PM
はじめまして。
通りすがりですが、楽しく読ませて頂きました。

私は、iphoneを買う人は、性能がどうとか・・・何ができるとか・・・そのような事よりも、もっと単純に、『かっこ良いから使う!』という人が多いと思います。

特にアップル製品をつかう人は、自分も含めそのような人が多い様な気がします。
なので最初は限られた人が使い、シェアーは一気に広がらない・・・そんな気がします。

とにかく早く発売をしてもらいたいです!!!
* hide * 2008/04/22 2:08 PM
はじめまして
自分は性能より外見です
よってiPhone!
Mac使ってるのはデザインがかっこ良かったから
結果的に性能も上だった
* 92 * 2008/04/22 7:06 PM
hideさん、92さんこんにちは!

iPodが成功したのは色々な要因がありますが、その1つとしてクリックホイールを使ったシンプルなカッコ良さもあると思います。結局自分も、カッコイイiPhoneが欲しいだけなのかもしれません(笑)

小さなガジェットが好きで、器用で凝り性な日本人に、iPhoneがどこまで受け入れられるか、今から楽しみです。
* kensei@デジイチ最新情報! * 2008/04/22 7:33 PM
はじめまして、わたしも通りすがりです。
hideさんの書き込みに賛成です。

iPod touchは単純に操作するのが楽しいかなあと。
ケータイ、PCのような合理化の象徴でもあるような機器に、
appleが提唱している美しさ、操作の楽しさが新鮮でした。
なおかつ、機能的にも優れ、高次元のバランスを感じています。

ただ、日常的に、しかも仕事でもプライベートでも欠かせない必需品に求める事は、
確実な操作性と安定したネットワークへの参加で、
docomoは信頼性も高く、夏野氏の意見は的を得たものなのではないでしょうか。

わたしは現状ではiPhoneに期待していますが、
それ以上に日本のケータイ市場を良く知り、日本の様式にあった、
日本メーカーにより画期的な端末の登場がより待ち遠しいです。
* 天狗 * 2008/04/22 7:44 PM
天狗さんこんにちは!

DoCoMo主導の元、似たり寄ったりの機能の中でほんの小さな差異の競争で疲弊してしまったのが、今のケータイメーカーの現状ではないでしょうか。

世界的に競争力のない日本の「ケータイ鎖国」を打破するためにも、GoogleのAndroid OSの力を借りて、各メーカーの得意分野に特化したケータイの研究を日本メーカーに期待しています。

もちろん、デザインも大事ですよ!^^

日本のケータイメーカーにも、まだチャンスはあるはずです。
* kensei@デジイチ最新情報! * 2008/04/22 8:13 PM
iPod Touch を使っていてすごく楽しい私は
これが電話になるのか、と思うだけで
おおお、と思います。

親指で文字を打つのが嫌い、
あの画面の小ささが嫌いで、
携帯は電話機能以外は
積極的に使う気にならないから
あまり美しくない携帯サイトにつながるより
普通にネットにつながってくれる方が
私はありがたいです。
でも、携帯でしかつながっていない、という人が
すごく増えているのも実感します。

Macマニアとしては
持って使って嬉しい気持ちになるデザインの携帯が
あまり見つからないのも一因なのでしょうか。
持ったときの量感、質感、
カバーも何も付けずに持ち歩いている
iPod Touch。
するっと薄くて、
インターフェイスもきれいで
メモ帳でアドレス帳で計算機でiPodで
小さなPCで。

あ、全部携帯でも出来ますね。
でも、私はこれでなくちゃやだ。

やっぱりdocomo? 
ずっと変えずに我慢してよかったかな。

* robin * 2008/04/22 11:42 PM
robinさんこんにちは!

全く同意見ですね。全てに納得できます。

自分が今ケータイしか情報端末しか持っていなかったら、その機能をフルに使ってブログを書いているでしょう。やろうと思えばそれは可能です。

しかし、現実にはWi-Fiに繋がったMacが手元にあるのに、今更ケータイで遊ぼう、情報を得ようとは思いません。

でも、iPhoneならMacと同じ事ができる。いや、Macと違ってどこででもそれは可能です。時代は大きく変わりました。
* kensei@デジイチ最新情報! * 2008/04/23 1:07 AM
はじめまして。

私アメリカ在住でして
iPhoneは発売日に買いました。

2年前までは日本で普通に携帯を使ってましたが
特に違和感を感じることはない、
というかとっても楽しいです。

メールを一日50通とか打つ人には
ちょっと使いにくいかもしれませんが
とにかく持つ喜び、使う楽しさは
一度味わうと戻れない感じです。
僕のiPhoneを触ってから
たまらず買ってしまった友人も何人もいますよ。

せうさんのご指摘の通り
PCをあまり使わないケータイ世代には
受け入れられにくいでしょうが、
日常的にpcを使う人にとっては
かなりスムーズに移行できる気がします。

それにプラスして直感的なインターフェースは
いままでにない感覚を味わえます。
例えばGoogle Mapでレストランを検索して
地図上に出たアイコンを指でタップしたら
そのまま予約の電話がかけられるとか。

>(iモードが使える)現在の電話を完全に捨てて、
>iPhoneを3カ月使えるか試してみたらいい
日本の携帯を10年以上使ってきて(ドコモじゃないですが)
アメリカの携帯を1年使った後に
10ヶ月iPhoneを使ってみた者の感想としては
ものすごく満足しています。

* porgy * 2008/04/23 2:45 AM
porgyさんこんにちは!

おお、iPhoneユーザーの意見は日本では貴重ですね。

自分はMac依存症ですが、ケータイは電話とメールしか使っていないので、iPhoneに変わっても何の問題もないでしょうね。iPhoneに不満があるのなら、ケータイをそのまま使い続ければいいわけで。

iPhoneによってケータイが駆逐されるわけでは無く、それによって市場が広がると考えれば、仲良く共存できるのではないでしょうか。docomo内部の争いも、それが焦点だったと考えます。

>(iモードが使える)現在の電話を完全に捨てて、
>iPhoneを3カ月使えるか試してみたらいい

「反撃してもいいですか?」と同じ傲慢さを感じますね。愛想を尽かして出て行こうとする妻に、ダメ亭主最後の強がりに聞こえます。

docomoの改革は、人の改革だったようです。
* kensei@デジイチ最新情報! * 2008/04/23 8:44 AM
通りすがりで失礼します。
そうか、docomoは傲慢だったのですね。
無理でしょうね、トップシェアの傲慢な会社が
心を入れ換えてユーザサイドに立つ事は。
iPhoneには期待してます。
* touchユーザ * 2008/04/23 11:06 AM
touchユーザさんこんにちは!

以前NHKの番組で、DoCoMoの担当者がケータイメーカーにつまらないことでダメ出しをしているのを見て唖然としたことがあります。長年の忠実なユーザーを無視して、新規獲得者に割り引きをする等の批判も大きかったようです。

DoCoMoは傲慢でした。

救いは、「docomoクーデター」によって自力で変われたことでしょう。自分は今後のdocomoにも期待しています。
* kensei@デジイチ最新情報! * 2008/04/23 11:37 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>