CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< Nikon系スポーツカメラマンの逆襲 | main | 映画「レンズの向こうの人生」 >>
Gyazoで画像を超簡単にアップロード


ASCII.jpの「2ヵ月使って分かった、米Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」の善し悪し(前編)」を読んでいたら、どうやら筆者はAppleでiPhoneの日本語入力を開発した増井俊之氏であることに気がついた。

ブログもあるというので読んでみると、???なエントリーに遭遇。

ユビキタスの街角
画像を簡単に利用する
ブログなどに画像を貼りたいとき画像をいちいちアップロードするのは面倒臭い。 たとえばこういう画像を記事内に貼るためには、 画面のダンプ作成⇒切り出し⇒アップロード⇒URL貼付け という作業が必要になる。

これを一発で行なえるように、 デスクトップ上で領域指定するとそれがいきなり画像としてWebにアップロードされるというシステムを作ってみた。 漢字入力と同じぐらいの手間で画像も入力できるようになってほしいものである。

内容はこれだけだし、タイトルの意味もよく分からない(笑)

ところが、そのGyazo.appを使ってみて驚いた。

例えば、DockにGyazo.appを置いといて、そこに画像をドラッグすると、自動的にサーバーに転送され、すぐブラウザに画像が表示されるんだ(JPEG、TIFF、PSDファイルでもpngファイルに変換される)

つまり、画面キャプチャ(ダンプ)の作成というのはあくまで機能の一部で、基本的には、画像転送アプリ(FTPアプリ)+サーバー(Gyazo.com)の複合体なんだね。

しかも、難解なFTPアプリの設定をしたり、サーバーを確保する手間がいらない等、超簡単で便利なのに全部フリーなのが嬉しい(Windows版やLinux版もあり)

URLは自動でクリップボードにコピーされているので、後はそれを利用してブログに画像を張るなり、メールや掲示板に張って観覧してもらうなり、使い方は多岐にわたる。

え、画像のURLを忘れた時はどうするかって?

Gyazo.appに同封されている「編集」を「gyazo.app」にドロップすると全ての画像がブラウザに表示されるので、右クリックの「イメージのアドレスをコピー」でOK。



画像容量の制限が無いことや、アップロードした画像が消せないなど心配な点もあるが、今後改良される予定のようです。

誰にでも簡単便利に利用できるアップローダーの登場です!

[追記]
アップロードすることによって、Adobe RGBやsRGB等のカラーマネージメント情報が失われるので注意してください。

上記は完全な勘違いでした、申し訳ありません。Adobe RGBやsRGB等のカラーマネージメント情報は失われません。

それと、PhotoShop PSDファイルはレイヤーのままアップできます。もちろん、PNGファイルに変換された時、レイヤーは統合されています。
デジカメアプリケーション / comments(0) / trackbacks(0) /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/2206
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>