CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< SILKYPIXに「覆い焼き調整機能」 | main | Adobe RGBディスプレイはDELLで決まり! >>
iPhoto '08は画期的な画像ビュアー(その3)


iPhoto '08のもう一つの目玉と言えば、.Macと連動した「ウェブギャラリー」だろうね。



.Macが必要という縛りはあるが、公開したい写真を選んで「ウェブギャラリー」を選択すれば、それこそあっという間にWebページの出来上がり(意図的に写真の解像力を落としてあります)

[WindowsのIE6では警告がでるけれど、そのままで観覧OK]



「グリッド」「モザイク」「回転トレイ」「スライドショー」と、表示方法が並んでいて、中でも特に楽しいのは、iTunesの「カバーフロー」を模した「回転トレイ」だろうね。

動的(インタラクティブ)なWebページになることで、写真を見る楽しさが増すし、これで.Macの価値も上がる。



「オプション」で制限も加えられるので、遠くにいる祖父母に孫の写真を見せたい時だけじゃなく、友達やクラブの仲間同士で写真の共有をするのに、最適な仕組みになっている(他のMacやWindowsからもアップロードが可能)

プロなら、編集者やデザイナーとのネットを使った打ち合わせにも十分使えるだろうし、元データ渡すときには、10GBに増量された.Macの「File Sharing」を活用すればいい。

有料だけど、容量も増えたことだし、mac.comのメールアドレスも貰えるし、そろそろ.Macもいいかもしれないよ(笑)

逆に言えば、.Macが無いとiPhoto(iLife)の魅力が100%発揮されないのも確かなんだ。

ただし、iPhoto '08は「画像ビュアー」として大いに魅力的なので、それだけでもiLifeを買う価値は十分あると思うけどね。

>>iPhoto '08は画期的な画像ビュアー(その2)
>>iPhoto '08は画期的な画像ビュアー(その1)
勝手にStart Mac体験モニター / comments(0) / trackbacks(0) /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/1973
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>