CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

<< あれ、これOLYMPUS E-3じゃないの? | main | iPhoto7.0.2のアップデータリリース >>
iPhoto '08は画期的な画像ビュアー(その1)


iPhoto '08を使って最初に感激するのが「イベント」だろうね。



撮影日時や時間で、写真を自動的に区分け整理してくれる機能は、ApertureやLightroom等他のアプリにもあったが、その中身が「透けて見える」というのが最大の特徴。

そして、マウスを動かすだけで、中の画像を全て確認できるというのは画期的。

もちろんクリックでその中身全部を表示すことが出来るし、「設定」で1枚だけをピックアップ出来るようにすることも可能。

写真が大量になればなるほど、iPhotoのありがたさが身にしみるだろうし、そのスマートさはAppleならでは。



指定すれば、外部エディターとして、PhotoShopやLightroomも使えるので(Apertureはダメ)、iPhotoを「画像ビュアー」として使う機会が増えそうだ。

なお、「外部エディタ」に他のアプリを選んでいても「メインウインドウ」を選んでおけば、クリックで「調整」ウインドウが、右クリックで他のアプリが開く。



ただ、「イベント」の区分け日時や時間を、Apertureのようにもっと細かく設定できれば、もっと便利なんだけどな。

iPhoto '08には未熟な点もまだあるが、こと「画像ビュアー」として見た場合、プロの使用にも十分耐えうる、世界一分かりやすいデジカメアプリだと思う。

つづく
勝手にStart Mac体験モニター / comments(0) / trackbacks(0) /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensei.jugem.cc/trackback/1963
トラックバック
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>