CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PR



EIZO ColorEdge CG243W


FlexScan SX2462W




ABOUT
OTHERS

YouTubeのasahi.comニュースにCanCamモデル

asahi.com

今まで知らなかったんだけど、asahi.comがYouTubeで動画ニュースを配信してるんだね。

MSN産経ニュースの動画はMacでは観られないので、これはありがたい。

しかもハイビジョン対応なのが嬉しいね。

美しいCanCamモデルは、綺麗な動画で観たいじゃないか^^

>> 森永BAKE CanCamモデルCM
モデル/フィギュアスケート / comments(0) / trackbacks(0) /
PIE 2009 OLYMPUSブースに浅田舞


不況を反映してか、デジイチの新製品がCanon Kiss X3ぐらいしか無く、それも入門用のデジイチとあって個人的に盛り上がりに欠けるPIE 2009(フォトイメージングエキスポ)だけど、ぜひ行きたいブースが1つあった。

OLYMPUSブースで、浅田舞のスペシャルトークショー「まいの散歩道」が開催されるらしい(28日、29日の11時頃)

妹の浅田真央は世界フィギュア選手権で戦っているし、姉妹共々応援したいところ。

うーん、行きたい^^
モデル/フィギュアスケート / comments(2) / trackbacks(0) /
ヒューマノイド「HRP-4C」は萌えとロボットの癒合だ


鉄腕アトムの再来かと思わせる「HONDA ASIMO」に注目し、その進化には畏敬の念を持って接してきたが、さらに驚嘆すべきヒューマノイドロボット(産総研ではサイバネティックヒューマンと呼んでいる)が発表された。

産業技術総合研究所の「HRP-4C」だ。

身長158cm、体重43kgという平均的な日本女性の体格もさることながら、細く長い脚や素晴らしいボディデザイン、ASIMOにあった背中のバッテリーを廃する等、驚嘆すべき外観と重量を達成している。



なにより感心するのは、人間らしい顔立ちと表情で、人間とロボットとの垣根をやすやすと越えてしまったことだ。

さすがMade in Japanと言うべきか、その愛らしい顔や完璧なプロポーションは、日本の「カワイイ」文化を色濃く表しているし、またそれが最大の特徴であろう(動画では分かりづらいが、写真を見るとけっこうカワイイ^^)

開発側でも、人間を補助するという役割は目指していないようで、その動きを見て楽しむというエンターテインメント分野への応用で、ファンションショーにも出演するという。

「萌え」とロボット技術が見事に融合したのが「HRP-4C」だ。
モデル/フィギュアスケート / comments(3) / trackbacks(0) /
浅田真央は乗り越えろ

サンスポ

浅田真央がGPファイナルで優勝しても、全日本選手権で3連覇しても、不満なのは点数が思ったほど伸びないことだ。難しいことにチャレンジし過ぎて、全体の完成度がまだ低いことがその原因だろう。

タラソワコーチが彼女に課した課題は、女子選手にとっては前人未踏、まさに男子並みのとてつもなく難解な課題だ。

それに対して、タラソワが言ったことは…

「乗り越えろ」

突き放した言い方だが、この一言で、タラソワが浅田真央の能力を高く認め、信頼に足るコーチだということが理解できる。

浅田真央の使命とは、オリンピックで金メダルを取ることだけではなく、女子フィギュアの歴史を大きく変えることなんだ。

同じタラソワがコーチングした、天才ヤグディンのように。
モデル/フィギュアスケート / comments(2) / trackbacks(0) /
村上佳菜子を見つけた


全日本フィギュアスケート選手権は、大勢の若い選手を一堂に見られる唯一の機会だ。

ただ、全国から有望な選手が集まるので当然レベルは高いんだけど、残念ながら、その中から世界で通用するようなダイヤモンドの原石が見つかることはほとんど無い。

ところが、今年は原石どころか、満面の笑みとともに光を放っている石があった。

村上佳菜子、14才だ。

山田門下生だけあって、まだ荒削りだがダイナミックで高いジャンプは圧巻だし、滑ることが、演技することが楽しくてしょうがないといった様子は、見ているこちらも笑顔にしてくれる。

初めて全日本選手権に登場した浅田真央が、オーバーラップした人も多いんじゃないかな。

彼女は、フィギュアのトップ選手ならあたりまえの「特別な何か」持っている。そしてそれを確信しているのも、山田コーチだろう。

安藤美姫、浅田真央に続くミューズをやっと見つけた。
モデル/フィギュアスケート / comments(0) / trackbacks(0) /
浅田真央のタンゴが頭から離れない


GPファイナルが終わってからも、浅田真央のエキシビジョンが頭から離れない。もの悲しくも力強いタンゴが、グルグル頭の中を回っている感じだ。

こういうときこそネットの有り難みを感じるときで「バンドネオン奏者 佐川峯さん」というブログに、浅田真央が使用したタンゴが詳しく載っている。



驚いたのは、エキシビジョンのタンゴが、「ポル・ウナ・カベーサ」+「パジャドラ」という構成だったこと。

繋がりが自然だったので、1つの曲だと思い込んでいた^^

曲とビジュアルがうまく重なると、相乗効果で強烈な印象を残す。こういうところにも、浅田真央の魅力があるんだろうな。

[浅田真央 2008年プログラム]
ショートプログラム「月の光」
フリープログラム「マスカレード(仮面舞踏会)」
エキシビジョン「ポル・ウナ・カベーサ」+「パジャドラ」
モデル/フィギュアスケート / comments(0) / trackbacks(1) /
あとは高橋大輔を待つだけだ


GPファイナルで浅田真央が優勝し、小塚崇彦は上出来の2位だったけれど、もう1つもの足りないものがある。

高橋大輔が観られなかったことだ。

先シーズンから、高橋大輔の演技に魅了されている。やはり、男子のスピードとテクニック、ダイナミックな演技は凄いと感心させられたし、そのカッコよさに痺れた。

これは自分にとって、プルシェンコ以来の感動だ。

ケガのためGPシリーズは欠場したが、世界選手権には間に合って欲しい。それは自分だけじゃなく、全世界の女性ファンの願いでもあるだろう。

オリンピックに向けて、浅田真央は順調に仕上がってきている。

あとは高橋大輔を待つだけだ。
モデル/フィギュアスケート / comments(0) / trackbacks(0) /
浅田真央が2つの3AでGPファイナル優勝!

サンスポ

伊藤みどり
「ジャッジはどう判断するんでしょうか?」

いくら金選手のホームとはいえ、低いSPの点数が不満だった。

アウェイの逆風は、予想以上に強かったようだ。



今日のFSも、浅田真央が女子では史上初めて3Aを2回飛んだのに、異常に低い点数は納得いかない(浅田真央と金選手の出場順位が逆だったら、もっと高い点数が出ていたはず)

まあ、優勝できたんだから良しとしようか。なんと言っても、完璧な3Aを2回も観ることが出来たのだから。

これも、3Aの神様 伊藤みどりの「飛んでー!」のおかげだな^^

浅田真央は美しき革命家だ。
モデル/フィギュアスケート / comments(3) / trackbacks(0) /
浅田真央はフランス大会2位

SANSPO.COM

SANSPO.COM
真央ショック、ミス重なり2位

フランス大会のFPは失敗続きで、結果総合で2位だったようだ。

SPを見る限りでは、今シーズンもさらに高度な演技に取り組んでいるようなので、今は我慢の時かな。小さくまとめないで、大胆な演技に挑戦して欲しい。

いやー、それにしても美しい写真だね。

もちろん、浅田真央の引き締まったスタイルや、黒のコスチュームが素晴らしいというのは言うまでもないが、写真の「一瞬の美を切り取る」という可能性を改めて感じさせてくれる1枚だ。
モデル/フィギュアスケート / comments(0) / trackbacks(0) /
中国大会 安藤美姫は2位


フィギュアスケートGPシリーズ中国大会で、安藤美姫は残念ながら2位に終わった模様。

アメリカ大会に引き続き、金選手に20点以上差を付けられていることから、かなり深刻な状態なのかもしれない。

アメリカ大会は3位だったから、これでGPシリーズ決勝進出は微妙な状態になってしまった…
モデル/フィギュアスケート / comments(0) / trackbacks(0) /
/1/13PAGES / >>
PR



BENLLY'S

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>